オフィス・店舗のCO2削減マニュアル
本マニュアルの流れ CO2排出量の算定方法 省エネルギー診断 CO2削減行動計画の策定 CO2削減効果の評価・検証 用語解説・引用・参考資料
PDFファイルダウンロード
民生業務部門トップへ戻る
トップへ戻る
CO2削減に向けて(本マニュアルの流れ)

CO2排出の削減には、省エネルギーなどの組織的な取組みが必要です。以下のフローチャートを参考に、継続的な取組みをお願いします。

1.CO2削減に取り組むことを決定
  • 事業所の責任者(社長、店長、営業所長など)が、組織全体として取り組むことを決定します。
  • 取組みの担当者または担当部署を決定します。
  • 2.CO2排出量の把握
  • 本マニュアルに示した方法で、データが得られる最新年度の排出量を把握します。
  • 可能な場合は過去数年分の排出量を計算し、その推移について分析することも有効です。
  • 3.省エネルギー診断の実施
  • 事業所のエネルギー消費構造を把握し、省エネルギー(=CO2排出削減)の可能性を検討します。
  • 4.CO2削減行動計画の策定
  • 具体的で実現可能な取組項目を選定します。
  • 目標年度、削減率(●●年を基準として○○%削減など)または削減量を明示した目標を設定します。
  • 責任者の関与・決断が重要です。
  • 5.全体的な取り組みの実施
  • 行動計画を確実に実行するためには、計画実施の担当部署と責任者を配置し、従業員へ行動計画の取組内容の周知・徹底を図り、一丸となって行動することが大切です。
  • 6.CO2削減効果の評価・検証
  • 毎年度、削減効果を評価・検証しましょう。必要に応じて取組項目を見直し、次年度の取組みにつなげましょう。





  • みんなで止めよう温暖化 チームマイナス6%