工場のCO2削減マニュアル
本マニュアルの流れ CO2排出量の算定方法 省エネルギー診断 CO2削減行動計画の策定 CO2削減効果の評価・検証 地球温暖化防止事例紹介 用語解説・引用・参考資料
PDFファイルダウンロード
産業部門トップへ戻る トップへ戻る
工場からのCO2排出量の算定方法

 工場からのCO2排出量を削減していくためには、まずは、現時点での排出量を把握することが重要です。CO2の排出量は、工場内でのエネルギー消費量(電気、ガス、重油など)に排出係数をかけることで算出します。

工場からのCO2排出量の算定方法

算定範囲としては、主に工場内でのエネルギー消費を対象としますが、社有車で消費するガソリン・軽油など正確に把握できるものは範囲に含めてください。


表1 CO2排出量の算出表

出典)地球温暖化対策の推進に関する法律施行令
エネルギーの種類 固有単位 使用量
(A)
CO2排出係数
(B)
CO2排出量
(A)×(B)
(kgCO2
電気 kWh
0.555(kgCO2/kWh)
都市ガス Nm3
2.08(kgCO2/Nm3
LPガス kg
3.00(kgCO2/kg)
灯油
2.49(kgCO2/L)
A重油
2.71(kgCO2/L)
B重油
2.98(kgCO2/L)
C重油
2.98(kgCO2/L)
地域熱供給 MJ
0.057(kgCO2/MJ)
ガソリン
2.32(kgCO2/L)
軽油
2.62(kgCO2/L)
計(kgCO2


 特に製造業においては、年間のCO2排出量は、年間生産量によって大きく左右されます。年による生産量の変動が大きい場合には、CO2排出量の評価の際、単位生産量あたりのCO2 排出量(CO2排出原単位)を用いることができます。

年間生産量の単位としては、数量(個数)、生産物の重量(t、kg)、生産物の容量(m3、L)、生産額(円)などから業態に応じて適切なものを選んでください。




みんなで止めよう温暖化 チームマイナス6%