工場のCO2削減マニュアル
本マニュアルの流れ CO2排出量の算定方法 省エネルギー診断 ・事例1を見る ・事例2を見る
CO2削減行動計画の策定 CO2削減効果の評価・検証 地球温暖化防止事例紹介 用語解説・引用・参考資料
PDFファイルダウンロード
産業部門トップへ戻る
トップへ戻る
省エネルギー診断

 工場からのCO2排出量を把握したら、次に省エネルギー診断をしてみましょう。

 省エネルギー診断は、工場内のエネルギー消費量(電気、ガス、重油など)の実態等の詳細調査が必要になります。自ら行うこともできますが、専門的な知識を有する診断員に依頼して行うと、より効果的な診断結果が得られるでしょう。
 診断のポイントは、次のような所見リストごとに現状と問題点を把握します。診断で問題点が見つかれば、診断結果の中で改善策を示します。


【所見リスト】

1 一般管理事項
(1)エネルギー管理体制 (4)エネルギー使用量管理
(2)計測・記録の実施状況 (5)主要製品の原単位管理
(3)機器の保守管理 (6)環境関連の管理

2 空調・冷凍設備
(1)運転管理 (4)補機の運転管理
(2)省エネルギー対策 (5)保冷・冷凍設備
(3)冷却設備の運転管理

3 ポンプ・ファン、コンプレッサー等
(1)ポンプ・ファンの運転管理 (2)コンプレッサーの空圧設備の運転管理

4 ボイラー・工業炉、蒸気系統、熱交換器、廃熱・廃水等
(ボイラー・工業炉) (蒸気系統)
(1)燃焼管理   (5)蒸気の運転管理
(2)運転、効率管理 (6)蒸気漏れ・保温の管理
(3)断熱・保温及び放熱防止 (7)配管系統の適正化
(4)排ガス温度管理 (8)負荷平準化

(9)蒸気ドレン回収利用

(10)熱交換器の運転管理

(11)廃熱・廃水削減

5 受電設備、電動機、照明、電気加熱設備
(1)受電設備管理 (4)照明設備の運用管理
(2)変電設備管理 (5)電気加熱設備の運転管理
(3)電動機容量・運転管理

6 プロセスの改善
(1)操業改善 (3)高効率化、連続化等
(2)ライン見直し

7 負荷平準化
(1)負荷平準化対策 (4)新エネルギー等
(2)電力調整契約等 (5)エネルギー転換
(3)コージェネレーション等導入計画

※ 専門的な知識を有する診断員に依頼して行いたい場合は、経済産業省 資源エネルギー庁の補助事業として「工場の省エネルギー診断サービス」がありますのでご利用ください。

「工場の省エネルギー診断サービス」ホームページ
http://www.eccj.or.jp/audit/fct3/index.html

財団法人 省エネルギーセンター
東北地区 (青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島) の申込先
〒980-0811 仙台市青葉区一番町 3-7-1 電力ビル本館
TEL.022-221-1751 / FAX.022-221-1752




みんなで止めよう温暖化 チームマイナス6%