自動車のCO2削減マニュアル
本マニュアルの流れ CO2排出量の算定方法 CO2削減行動計画の策定 CO2削減効果の評価・検証 ・ケース1を見る ・ケース2を見る ・ケース3を見る
参考ホームページ
PDFファイルダウンロード
運輸部門トップへ戻る
トップへ戻る
CO2削減効果の評価・検証

 行動計画を実行したことにより、事業所からのCO2排出量がどのくらい削減されたかを、毎年度評価・検証しましょう。また、必要に応じて取組項目を見直し、次年度の取組みにつなげましょう。

 モデル事業者の事例を紹介します。

(事例)Y運輸株式会社(道路貨物運送業) 資本金:500億円

全社的な行動計画を策定し様々な取組みを実施。福島県全域を管轄する支店にて実施した取組みの効果等を検証するとともに、新たな検証実験に協力していただいた。

ケース1 ハイブリッド車などの新型車両導入のよるCO2削減効果

・ハイブリッド車導入状況
全社では、平成18年度実績でハイブリッド車 1,018台(低公害車全体では4,843台)を所有。
支店としては、平成16年6月にハイブリット車を初めて導入。現在のところ23台所有、全体の約2.7%を占める。

・ハイブリッド車の燃費削減効果の検証
県内の集配センターのうち3センターに協力をいただき、ほぼ同じコースを巡回する通常車1台、ハイブリッド車1台の燃費データをそれぞれ3日分提供していただいた。

通常車燃費データ
センター名 燃費 3日間平均燃費
km/L km/L
A 4.27 4.10
3.94
4.13
B 4.00 4.18
4.33
4.18
C 6.37 6.17
6.18
5.94
ハイブリッド車燃費データ
センター名 燃費 3日間平均燃費
km/L km/L
A 6.03 6.03
6.03
6.03
B 5.07 5.92
6.00
7.00
C 7.85 7.24
9.31
5.44

分析の結果、平均して32.5%の燃費改善効果が見られた

車種(通常車とハイブリット車)による燃費消費量の削減効果 燃費(Km/L)
センター名 A B C 平均
通常車 4.10 4.18 6.17 4.84
ハイブリッド車 6.03 5.92 7.24 6.42
燃費改善率 47.0% 41.7% 17.3% 32.5%

燃費改善グラフ






みんなで止めよう温暖化 チームマイナス6%